×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アリ侵入の被害を防ぐ

侵入アリ退治/家に侵入アリ駆除方法

アリは、非常に食欲が旺盛で、常にえさを求めて歩きまわっています。そして、えさを発見すると、すぐさま巣の中の仲間に知らせるため、行列となって大量のアリが押し寄せてきます。

アリのえさになる物を与えない

まず一番に注意しなければならないのは、アリのえさになる物を与えないことです。例えば、室内に長い時間食べ物を放置しないこと、食べ物は密封できる容器 や冷蔵庫などに入れて保管すること、残飯などはきちんと密閉してから捨てることなどを心掛けてみてください。その他、食堂のテーブルの下、調理後の流し台 やレンジ周りなどは、見えにくい小さな食べ物かすが散らばっています。これらをアリは目ざとく見つけてきますので、そうなる前に、普段から小まめに掃除を するように気をつけてください。また、室内で、「迷いアリ(えさを求めて偵察するアリ)」を見つけることがあると思います。このとき、「たかが1、2匹だ から...」と軽視せずに、小まめに駆除してください。この「迷いアリ」は一旦えさを発見すると、何千何万もの仲間を引き連れてきますので、これを放置す ることなく徹底的に駆除することも、意外と大事なポイントになります。

アリが住みにくい環境をつくる

 庭先などへアリが住みにくい環境をつくることは、身近な場所に潜むアリの数を減らすことになり、結果として、アリが屋内へ侵入してくる確率を下げること になります。アルゼンチンアリは、いろいろな場所へ巣を作りますが、特に、物の隙間や人手が加わった場所を好みますので、そのような場所を作らないよう心 がける必要があります。具体的には、植木鉢・プランターなどは台や棚の上に置くこと、枯れ葉や草などは早めに片づけること、ゴムマット、コンクリートブ ロックなど巣の原因になりそうな物を置かないこと、コンクリート構造物などの亀裂・隙間はすぐにシーリング材などで埋めることなどを、普段から気にかけて 実践してください。